2019年10月04日

ABBA/ダンシング・クイーン

先日、BSプレミアムの「アナザー・ヒストリー」という番組で、ABBAの「ダンシング・クイーン」という曲をとりあげていました。

「ダンシング・クイーン」はみな、どこかで聴いたことのある曲だと思います。

この曲には3つのアナザー・ストーリーがあるというもの。

その中の一つが、この曲は実は最初スウェーデンの新女王のために歌われたというもの。

当時のスウェーデンの新王女はドイツ人の父とブラジル人の母を持つドイツ人。

スウェーデンの王に観光中見染められ結婚、民間人として初めてスウェーデンの王妃になることとなった。

しかし、当時スウェーデン語もろくに話せない人間がスウェーデンの新女王になるのはいかがなものかと世間で非難されました。

そんな中での結婚前夜祭、なぜか遅れる新女王。

到着したもののその顔はこわばっていた。

そんな中、サプライズで登場したのが、ABBA。

曲は「ダンシング・クイーン」が大音量でながれました。

「You can dance」という歌詞もあってか、新女王は満面の笑み。会場は大盛り上がり。

国民中この様子をテレビで見守っていたスウェーデンでは翌日この「ダンシング・クイーン」が大ヒット。

新女王も新しい開かれた宮殿をありのままみせ、ボランティアなどにも活躍、勉強の成果でみるみるスウェーデン語もうまくなり、人気物のクイーンとなったとさ。という話。

感動し、この曲が特別好きになりました。





posted by 銀将 at 07:52| Comment(0) | ヒット曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]